感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎・細菌性胃腸炎)

かわいい感染性胃腸炎とは・・・?

ペン感染性胃腸炎とは、大きく分けて《ウイルス性胃腸炎》と《細菌性胃腸炎》があります。
ウイルス性胃腸炎は嘔吐下痢症などとも言われ、どちらかというと冬場に多い感染症です。一方、細菌性腸炎は食中毒などといわれ、夏場に多い傾向があります。 冬場に流行するウイルス性胃腸炎の中には、白血球の上昇をともない、細菌性の様相を帯びている、もしくは合併している症例も散見します。

かわいいウイルス性胃腸炎とは?どこで感染するの?

ペンよく知られているウイルスにはロタウイルス、アデノウイルス、アストロウイルス、ノロウイルス、サッポロウイルスなどがあります。
何れのウイルスも口から入ったウイルスが十二指腸から小腸の粘膜上皮に感染することで発病します。
感染した腸管はむくんで水っぽくなり、嘔吐や腹痛、下痢、発熱を起こします。ウイルスの種類や個人差にもよりますが、下痢にはならず、張り感や膨満感、腹痛のみの症状の人もいます。「下痢がないからといって腸炎でない」とは言えないのです。
一般には罹患した人の便や吐物にウイルスが含まれおり、それにより感染する場合があります。また感染力の強いウイルスには、そのウイルスに汚染された場所に触れただけでも感染することがあります。この感染には個人の免疫力が影響しますので、普段から疲れをためない生活習慣を心掛けておくことが重要です。

 

かわいいウイルス性胃腸炎、どうやって予防できますか?

ペン最も効果的な予防対策は、手洗いです。トイレの後や、食事の前後、調理をする方はその前後など・・・これは食中毒の予防にも共通します。
また、普段からタオルを共有しないことも重要です。家族といえども、下痢症状の出ている人がいたら、入浴時もまずシャワーでよく体を洗ってから入浴する、バスタオルを共有しないなどの工夫が必要です。
お子さんなどで、ブロックなどのおもちゃを使うような時は、一日一回はアルコールスプレーなどで除菌する、洗えるものは洗うなどの工夫が重要です。

かわいい下痢や嘔吐を起こしてしまったら・・・?
ペン食欲がない時や、嘔気がある時に無理に食事を取る必要はありません。食事より水分を「いかにして取るか」が重要です。

・スポーツドリンクを少量ずつ飲むようにしましょう。但し、冷蔵庫に入っているものをすぐ飲むのは刺激になって余計下痢を誘発してしまうことがあります。常温に 30 分ほど置いておいてから飲むと良いでしょう。

・牛乳などの乳製品は腸内で発酵して下痢を悪化させたり、膨満感を悪化させたりすることがあります。少し回復するまで摂取を控えましょう。

・食事は柔らかく煮たうどん、おかゆ、おじやなどが良いでしょう。パンが食べたければ、食パンなどあまりバター成分の多くないものが良いでしょう。野菜はスープなどに調理して、線維成分を除いて飲んでみるのが良いでしょう。

発熱を伴うような下痢があるとき、嘔吐を 2 〜 3 回以上した時、下痢を 2 〜 3 回以上繰り返した時は早めに医療機関を受診しましょう。

 

かわいい細菌性腸炎とは?どこで感染するの?

ペン文字通り細菌によって起きる腸炎です。別名、食中毒と言います。起因菌によっても異なりますが、一般に原因となる食べ物を摂取してから、 5 〜 72 時間の間に発症します。

魚介類の加工品、肉、卵、カキ氷、いずし(ニシン、アユ、ハタハタなどの保存食品)などで起こることがあります。これらの食事を摂取し、暫くして下痢や腹痛の症状が出た時には食中毒を疑ってみる必要があります。

多くの人が同時に起こる場合もありますが、体力や免疫力などの差で同じ食べ物を摂取してもかかる人とかからない人がいます。特にいずしなどの摂取後に起こるボツリヌス菌と言われる細菌による食中毒は、眼瞼下垂(まぶたが下がってくる)、複視(ものが何重にも見える)、発語障害(言葉が話しにくい)などの神経症状が出ることがあり、重症な場合は死亡することさえあります。

 

かわいい細菌性腸炎にかかってしまったら?

ペン症状や対応方法はウイルス性腸炎とほぼ同じです。但し、基本的に下痢止めを使用してはいけません。症状を慢性化させたり、悪化させたりする事があるからです。

多くの腸炎は医師でさえも、診察だけでウイルス性か、細菌性かを 100 %断言できるわけではありません。前述したように合併している場合もあります。

最近、街中の薬局でも多くの止痢剤(下痢止め)が市販されています。全てがだめというわけではありませんが、特に細菌性腸炎の場合、症状を悪化させることがありますのであまり服用しないほうが良いでしょう。
止痢剤を使うよりまず、下痢で失われた水分補給をこまめに行い、それでも繰り返す場合は医療機関を受診しましょう。

 

もどる